08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水温計装着

水温メーターが付いているには付いているのですが,あまりにも曖昧な表示なので装着しました。

以前インテークマニーホールド圧計をディーラーで付けてもらったのですが,えらい額を工賃として取られてしまったので今回はDIYです

まずはLLCを抜き取ります。
抜き取ると言ってもC2にはドレンプラグが無いという情報が…。

プラグがないと言う事は,ホースを外すしかないわけで,再利用を考えず,予備のLLCを調達しました。(シトロエンまでかなりの距離があるので,近場のBL成田でゲットです。
クーラント
見た目はプジョー用。中身はPSA仕様…。(費用削減のために同パッケージにすればよいのに…。)

エアクリーナー+レゾネーターを外して,ホースをむき出しにしたら…アレ?
ホースの形がネットで調べたC2の形と違う!

何やら,小変更がちょくちょく行われているようで,楽々と外せない位置にホースが移動していました(泣
エンジン側接合部
(ホースが室内方向に向かって付いています。金具が邪魔で工具が入りません。)

しかし,エア抜きバルブが新たに付いていた(?前のモデルにもあったかも)ので,バルブを緩めて排水しました。もちろんリザーバータンク開けて。
エア抜きバルブ
バルブを外してやると,勢いよく出てきます。

垂れ流しすると臭くなるので,ペットボトルに18mmのホースを繋いだ受けを通して車体下部に構えているバットに回収。

どれだけ抜けたか一目でわかるので安心です。
ホース

接合部にはしっかりとシールテープ(笑)

全部で700ccくらい抜けました。

余談ですが,エアクリーナーを外したら,この前ディーラーで付けてもらったインマニ圧力計を発見。
インマニ圧力センサ
こんな所から負圧を取っていたのか…。
(でもこのホースに三つ叉入れて繋ぐだけで○○円って…………。無知って損ですね)

抜き終わった後にカッターで切り込みを入れて,えいっとホースを切断するのですが,グッっと刃を刺した瞬間にLLCが…。(全部抜けたと思ったのにホース内に残っていたよ

うです)
幸い,受け用ペットボトルを置いたままにしてあったので,大事には至りませんでしたが,手がLLCだらけに…。

全部抜けきったと思っていただけに,ちょっと残念。総量1リットルは抜けました。

残っていたLLCを抜き取り,ホースを丁寧に垂直に切るのですが,液で手がぬるぬるしていて切りづらい。

紙ウエスを手に巻いて慎重に切ります。(うまく垂直には切れませんでした)

そして切り終わったらセンサーブロックを取り付けるのですが,ここでまた難点が…。

ホース径が合わない…。

ネットで調べた情報だと32mmだったので,ジュランの32mmアダプターを買ったのですが,何とうちのC2の径は28mm…(汗。

他にも30mmという説があるみたいですし…。
シトロエン車の部品注文時は品番確認してからの方が良さそうです。

まぁ,ホース径が小さいだけですので(ぇ),あまり気にせず力任せにくっつけます。
LLCでぬるぬるなので,滑る滑る…。
ホース取付完了

何とかきっちりと付けられました。
スルッと滑って,親指の皮膚えぐってしまいました(泣

あとは,ホースバンドで止めて取り付け完了。

職場A氏の意見で,エアだまりよりも水漏れの方が心配…との意見を頂いたので,センサーは上向きに付けました。
斜めに切ってしまったホースも,何とか加工して無事に付けられました。

取り付け後に冷却液を見たら,鉄粉やら,オレンジ色の固まりやらが浮いています。
上澄み液だけを元に戻して残りはオイル交換したときの廃油箱へ。

少しですが切断時にこぼれたLLCを洗い流します。

洗浄

洗い残しがあると,車内にエアコンを通して臭いが充満します(汗

配線の方は,ブレーキペダル裏に丁度良い大きさのグロメットがあったので,そこを通して引き込みコントロールユニットに繋いでおしまいです。

エア抜きはLLCを足してエアヌキバルブを開けてやり,適当なところまで入ったら閉めてエンジン始動。65~75℃の間あたりでサーモスタットが開くので,町中を流しながら走っていればどんどん水位が減っていきます。(車内にはクーラントの予備を積んで置いた方がよいかも知れません)
純正メーターの水温計が3つ点灯してしばらくするとサーモが開くようです。

メータは,Aピラーにフィッティングキットを使い取り付けました。

Defiの特徴であるディジーチェーン接続システムは便利でとても判りやすいです。

油温計欲しかったけど,これ以上付けると視界の妨げになるのでやめましょう。

一週間経過しましたが,今のところ漏れは確認できません。
完了

ギリギリですが,エアクリのホースに干渉せずに取り付ける事ができました。

無理矢理ホースを広げているのが気になるので,ボンネット開けるたびに確認することにします。
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ミルミル

  • Author:ミルミル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。