04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨戸をシャッターにリフォーム(文化シヤッターヨコタテリフォーム)

我が家の掃き出し窓,2面分を電動シャッターにしました。
NCM_0691.jpg

NCM_0706.jpg

文化シヤッターの窓マスタータップを取り付けてもらったのですが,ヨコタテリフォームという,既存の戸袋を残したまま電動シャッターを取り付けることができるというユニークな工法で施工してもらいました。

文化シヤッターのサイトにも紹介されていますが,戸袋を残すので,撤去に伴う作業が発生せず,作業時間を大幅に短縮させることができます。
今回は,掃き出し窓の2面に施工してもらいましたが,作業日数はたったの1日。

NCM_0690.jpg
側面から見ても,後付けの窓枠から大きくはみ出ることなく,シャッターケースが収まっています。

NCM_0693.jpg
2つのシャッターの境目です。
丁度良い具合の隙間に収まっています。

NCM_0710.jpg
壁への取付は,やや力業感が否めません。
何とか目立たないようにしているのが伺えます。

しかも,戸袋を残すことができるため,レールの位置も調節することができ,位置が合えば,
NCM_0709.jpg
このように,従来の雨戸も出し入れすることができてしまいます。

シャッターレールは,このように雨戸の出入り口をよけて外側にオフセット。
NCM_0707.jpg

停電時や故障時には有効ですね。
また,戸袋にも機能を持たせることができ,ただの雨戸の残骸にならなくなりそうです。

ちなみに,施工費は,2面分全てコミコミで405,000円。

いくつかシャッター化リフォーム専門のネットショップにて相見積もりをしてみたのですが,地元の業者が一番安い価格提示で,そこに落ち着いた次第。

電動シャッター,思っていたよりもかなり良いですよ。
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ミルミル

  • Author:ミルミル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。