08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インダクションボックスその後

取り付け後のインプレッションは,吸気力が良くなりました。(当然ですね)

この見た目も良いです。(自己満足ですが…。)

また,今までは,シフトダウン時にしか聞こえなかった吸気音が加速時にも聞こえます。
情けない音ですが,シュポーッって感じですね。

エンジン音も前とは全く異なる音を奏でるようになりました。
(エンジンブローしそうな音がして怖いくらいです)

感覚を言葉で表現するのは苦手なので,具体的な数値付きで。

純正交換タイプでは,どうしても高回転域で負圧が0.1~0.2前後あったのですが,これがほぼ0になりました。
つまり,エンジンが求めている分だけの空気が供給されているという事ですね。

なので,今まで以上に高回転域のフケ上がりが良くなりました。

そして,予想外な事に,全開で回したときに発生していたバックファイアが驚くほど少なくなりました。

勝手に考えるに,純正型のフィルター装着時のバックファイアは,高回転域での空気不足で,未燃焼のガソリンが排気管に流れて爆発して聞こえていたようです。

ということは,今までのバックファイアの音が格好いいなんて思っていた自分はダメダメさんなんですね(汗


実際,フィルターを交換するだけでこんなに変化が起きるなんて思ってもいなかったので,大変勉強になりました。

マフラーばかりが大切じゃないんですね。

大切なのはバランスッ!

でも,負の面も色々
性能が上がるのはよいのですが,このボックス大きすぎです。
昨日書いたとおり,オイルレベルゲージがこの中に入っているので,オイル量の確認をするのも大忙しです。(代用として,始動時にメーターに表示される量を参考にしています。)
また,このボックスの下にあるオイルエレメントを交換するときもボックスを外す必要があるわけで…。

蝶ネジ・ナットなど,外しやすいネジでボックスを固定した方がメンテナンス性が良さそうです。(見た目は×ですが…。)

これからの課題ですね。

というわけで,年末の車いじりはこれで終了です。

今年もお世話になりました。
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ミルミル

  • Author:ミルミル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。