04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yahoo!Wi-Fiを解約する。

2年間使っていた,Yahoo!Wi-Fiを解約しました。

月々の利用料金が2,966円(ユニバーサルサービス料,税込)で利用できて,毎月上限が7GB(ただし,1日あたりで300MBを超える通信を行うと速度制限がかかる時あり)という比較的安価なプランでした。

ただ,最近メインで使う携帯をスマホに変え,ポケットWi-Fiを使う機会が少なくなったため解約することにしました。

契約するときは,Web申し込みで3分もかからないうちに手続き完了したのですが,解約時は色々と段取りを踏む必要があります。

私が契約したのは,
Y!Fi (ワイファイ)2年間ずーっと得するプラン(4G)
というプラン。

契約期間は,2015年2月~2017年2月。
契約更新月は,2017年3月ですので,3月に解約をすれば契約解除料が発生せず,0円で解約することができます。

うっかり,2月に解約してしまうと,満了月(更新月では無い)での解約扱いとなり,9,600円が請求されてしまうので注意が必要です。

解約の方法については,電話で解約書類を取り寄せる必要があります。

まず,Yahoo!モバイルのカスタマーセンター(0120-736-020)に電話をします。
自動音声に従って,解約書類送付の申し込みを選択し,最後に解約金の案内を聞いて完了です。
途中,契約時の電話番号や生年月日の入力を求められました。

オペレーター対応は無く,最初から最後まで自動音声による案内だったので,待たされること無く手続きが完了しました。

解約書類送付の申し込みが終わったら書類が届くのを待ちます。

私の場合は,金曜日の夕方に電話をして,翌週の火曜日に書類が郵送されてきたので,中3日程度で届くようです。
IMG_20170215_222503_R.jpg
中身は,解約申し込み書,返信用封筒,記入法の説明,契約種別ごとの契約解除料一覧が入っていました。

書類については機械的に入れられているようで,申し込んでいるプラン以外の契約についても書かれたものが入っていたりと判りづらかったです。

書類の中央部に,

□月末日を課金終了日としたい場合のみ、左記□を選択ください。

と書かれています。
ここにチェックを入れると,この書類を送付した翌月1日付(私の場合は3月1日付)で解約することができます。

Yahoo!Wi-Fiの場合,翌月1日付け(更新月の1日目)で解約すると,更新月分の料金が発生しなくなります。

うっかりチェックを入れないで送付してしまった場合は,届いた日付で解約が成立してしまうため,更新月前だと,契約解除料が請求されてしまいます。
単純に「翌月1日付けで解約。(翌月分の利用料金はかかりません。)」と書いてあればわかりやすいのに…と思ってしまいます。

必要事項を記入したら,U-SIMカードを貼り付けて封筒に入れ郵送します。
IMG_20170215_222606_R.jpg
U-SIMカードを貼り付けるということは,端末の利用ができないようにさせるためだと思われますがどうなんでしょう?
貼り付けずに送ってしまうと,不備扱いになって解約が延ばされたり,U-SIM代を請求されるらしいです。
(他の方の記事を見ると,2,000円程度だったかと思います。)

確実に更新月1日目で解約をしたければ,残りの月分は端末を使わせない。という意図が見え隠れしているように思えてしまいます。

Yahoo!に限った話ではありませんが,申し込みはとても簡単で,解約は色々と面倒な手続きが必要というサービスが最近多いですね。
特に携帯スマホ系は,更新月やら満了月といった用語が多く,契約解除のための手続きも電話受付だったり,WEB経由だったりとじっくり考えて申し込まないと,高いお金を請求されてしまいそうになるので慎重になってしまいます。

果たして無事に解約できるのかどうか…。
スポンサーサイト

FJクルーザー発注してしまいました。

既に1ヶ月以上前の話なのですが,FJクルーザーを5月14日(土)に契約しましたっ。


標準グレード
17インチアルミ
寒冷地仕様(サイドステップ,フロントワイパーデアイザー,ヒーター付きドアミラー)
リアデフロック
アクティブトラクションコントロール
UVカットプライバシーガラス
リアワイパー
クルーズコントロール

サイドバイザー
サイドプロテクションモール
ルーフラック

と,付けたいものを色々付けました。

色はツートンブルー(2JV)。
どの色にしようかは相当迷いましたが,納得して決定した色なので,もう迷いません。


肝心の納期は未定とのことですが,契約時点での見積もりには8月登録前提で自動車税が計算されています。
ただこの記載月は,ディーラー側の理想納期とのこと。

ブログ更新さぼっているうちに,何だかんだで40日以上経ちましたが,色々と納期が早まってきているようなので,目標は盆前???
IMG_1936_R.jpg

お店で契約時にミニカー(手前)をもらったので,既に家にあるオートアートのミニカーと並べ,首を長くして待つことにします。

Canon Power Shot S90のグリップについて

7月に買ったPowershotのS90にグリップを付けてみました。

グリップって何?という人もいるかも知れないので,とりあえず写真を
IMGP3350_R.jpg

書くよりも見た方が早いですね。

人によっては違和感を感じるかも知れませんが,始めから付いていたかのような純正感は中々だと思います(^_^)


ちなみに,モノの方は
IMGP3341_R.jpg

裏側
IMGP3342_R.jpg

こんな具合で両面テープ固定。

英文の説明書に脱脂するようにとあったので,パーツクリーナーで拭き取って貼り付けしました。

両面テープ固定だと頼りない感じがありますが,エアロパーツの固定にも使っているくらいなので,カメラのグリップ程度であれば必要十分でしょう。(それにメーカーも3Mですし…)



ちなみに,購入元はリチャードフラニエックというアメリカのお店です。
(↑個人経営なのか,それとも,会社なのかは今ひとつ良くわかりません。)

買い物かご方式ではなく,PayPalというカードを使った送金システムを使うのですが,

相手のアカウント名(メールアドレス)
送金額 37.45$(航空便代込)
受取人の住所,氏名
購入商品名 Custom Grip Canon S90


と入力して送金するだけで届きます。
IMGP3340_R_20101203215036.jpg

過去に海外通販を何度か行ったことがあるので,あんまり抵抗を感じませんでしたが,PayPalはかなり便利です。

37.45$=「高い」というイメージですが,円高の今だと3,206円。

沖縄のカメラ店が同じものを販売していますが,お値段 5,250円+送料となかなかな値段なので,一手間掛けて海の向こうから購入してみるのも良いのかなぁと。


初めて円高の恩恵を受けた買い物でした。

久々のコルトいじり


世間はシルバーウィークだなんて楽しそうな声が聞こえてきますが,相も変わらず仕事まっしぐら(引きずられているとも言う)なミルミルです。

さすがの仕事も,連休中は半日が基本なのでなので,コルトをいじることに(^_^;)

ちなみに,諸事情で9月からコルト通勤をやめ,電車通勤にチェンジしました。
おかげでガソリン代は40,000円/月→2,000円/月,走行距離も2,500km/月→100km/月へと超経済的になりました(^o^)

おかげで運転しないことによるストレスはたまりますが,基本的な体力は減らない(電車で寝ることができる)ので,トントンと言ったところです。

そして,このブログ以外にみんカラというSNSで活動していますが,こっちは“一般の方”向けなので,写真を見ただけでは何をしているのか理解するのは難しいと思いますが,とある部品を取り付けるためにバンパーとインナーフェンダーに加工しました。

加工内容は

①運転席側フロントバンパーについている蓋の除去(下)
②レインホース脇に取り付けられているダイナミックバランサーの除去(写真には写っていません)
③インナーフェンダーの切開(中央)と排気ダクト(上)の取り付け


の3本です。(not サザ○さん)

肝心のモノが届いていないので,③は切開するところまでで取り付けはしていませんが,タイヤハウスからのぞいたのがこちら。
IMG_0269_R.jpg

ダイナミックバランサー(12mm角3カ所)が無くなっただけでガラガラの空洞です。(HIDの配線が見えますがそこはご愛敬と言うことで。)バンパーにしてある蓋は,上のビス(2カ所),下はナット(10mm角3カ所)でとまっています。
車体中央よりのナットが外しにくく,スパナでちまちま外した事以外は,バンパーを外さなくともインナーフェンダーの大穴から手を入れて作業することができました。

前から見ると
IMG_0270_R.jpg

いつもなら蓋がしてあって見えませんが,左側にキャリパーとローターがこんにちわしているのが見えますね。

今回の目的はブレーキ冷却ではないのですが,一緒に施工できるので一石二鳥と言ったところです。

次回の更新はおそらく日曜日…(くらい)

今週はハンドナッターと注文したモノが届くので楽しみですっ!

新・旧 巡視船つくば

久々に,地元の漁港を走ったのですが,21年3月に竣工した180トン型巡視船「つくば」(PS13)に出会いました。


そして,別の岸壁には…。
P1000638_R.jpg
旧つくば(PS102)が…。

ってなんだか様子が変です。

横から見ると
P1000645_R.jpg
艦橋(船橋?)部分が切断されてる!

ほかにも
P1000644_R.jpg
サイドの「海上保安庁」の文字が消されていたり

P1000641_R.jpg
スクリューが外されていたりしています。(かもめプロペラと記載されていました。)

自力航行できなくなった状態まで海上保安庁が解体作業をし,業者に曳航されるんでしょうか?


最後に後ろから…。
P1000642_R.jpg
現役巡視船とのコラボもなんだか複雑な感じですね。

windows7

Yahooニュースを見て直ぐにsofmap.comにてHomePremium(7777円の方)を予約してしまいました。

ただ,届くのは…。
どんな物か試してみたく,RC版をインストールしてみました。
win7

効果(サウンド,視角エフェクト)はほとんどvistaと同じで,言われなければ新型windowsと気づきません。(windows98のsecond edition的な感じというとイメージできるかと思います。)

PCへの負荷は減っているようなので,期待大ですね。


ちなみに,写真はシャットダウンの時の画面ですが,この背景先進的な感じがして良い感じです(^_^)

muramasa PC-MM2-5NE SSD化

最近またもブログがそのままになっているので…(^_^;)

すでに現役を引退して眠っているmuramasa(PC-MM2-5NE)でしたが,流行のネットブックと性能的に遜色なさそうなので,復活させるべくSSD化を行ってみました。
SSD1
使用したドライブは,日立規格(44pin)で作られている,
PhotoFast PF18Z32GSSDIDE V2(32GB)です。
1.8インチ規格で作られていますが,リード85MB/s,書込50MB/sと,それなりに…といった性能ですが,1.8インチモデルの中では最速に入る部類。

ジャンパ設定がマスターになっている事を確認し,取付にかかるため分解します。
SSD2
背面2カ所のネジを外すとキーボードが取れるので,上側から見える範囲と,ディスプレイ付け根背面のネジをすべて外し,HDDにアクセスします。

HDD1
HDDが顔を出しました。タッチパッドやキーボード,HDDすべてフィルムみたいなケーブルなので操作には慎重を期します。

HDDを取り外したら,金具をSSDに移植。
SSD4
綺麗におさまりました。

ちなみに,SSDとHDDの厚みを比較するとこんな感じです。
SSD3
わずかながらSSDの方が背が高いのですが,盛り上がることなく,ケースに収められました。

SSD5
最後にリカバリディスクを使って再セットアップをして完了です。

ただそこで難点が…。

セクタ異常?とか,書き込みエラーとかというのが5枚目のディスクで表示されて進みません…。
他のOSディスクも途中で書き込みできなくなり,元のHDDからバックアップソフトを使用しようとしてもI/Oエラーの連発で先に進めず…。


困り果ててPhotoFastに問い合わせると,(以下全文)
mail
どうやら初期不良のようです。

購入店の初期不良期間なこともあり,スムーズに交換することが出来ました。

交換後のインストールはスムーズそのもので,ブルースクリーンに一度なった事以外は(ぇ 快調に動いています。

気になるプチフリーズについては,マシンスペックが低いこともあり,今のところは起きていません。
メモリ512MBにアップしている成果が出ているようです。

以上近況報告でした。

theme : 自作・改造
genre : コンピュータ

ご無沙汰しています。

似たようなタイトルで何度書き込みしたことか…。

今現在の仕様です。
写真をみてお察しください。

納車時から何もいじらないと決意したにもかかわらず,納車前に付けたい物の殆どを装着してもらったため,初めの段階から外装が…。(^_^;)

コルト080406現在


C2のように車検証が変わるほど大きな変更はしませんが,通勤快速仕様を目指して「地味」に行きたいと思います。(この車を選んだ時点で地味という次元からかけ離れているような気がしますが,本人はその意気込みで頑張っています。)

代車

C2の代車はマーチ!
シトロエンでの修理とは異なり,保険会社扱いの修理なので,車はレンタカー。
排気量で代車を選ばれてしまいマーチとなりました。


この車,我が家の2nd車と色違いなだけです。
走行距離も7万kmを越えていたりして,廃車目前な雰囲気です(苦笑

でも,ちょこっといじってある我が家のマーチと比べると,断然乗りやすいですね。(タワーバーがきついのかも)

そんなこんなでこの代車のマーチ,一昨日パワーステアリングが効かなくなりました。(PS警告灯付きっぱなし)

原因はバッテリーが弱っていたために起こった電圧不足…。
走行中にパワステが効かなくなったら危険なので,安全のためにエンジン始動時の電圧が低くなるとパワステが効かなくなるように作ってあるみたいです。

にしても,バッテリーが弱い車を代車に貸すなんて…。
(断りを入れて,新品入れたら,見事復活。まだまだ行けますね)

GT風グリル到着

CITUNINGに注文した、GT風グリル(RS-Rグリル CITC230)がやっと届きました。

ネット上から注文して、約3週間かかりました。

待つ間が長かったので、開封時のワクワク感はなんともいえませんねw


外装に宛名件領収証が挟まっていたのですが、送料込みで£145.85。
(当初の値段より安くなっているし…。)

輸入ということで、消費税分を引いてますみたいなスタンプが押してあったので、免税されているんでしょうか?

日本円に換算すると、26,000円くらいなので、国内で買うよりもお得な感じです。

まとめて購入すればもっと安いかも知れませんね。


で、中身がこれです。


インターマニアさんが扱っているグリルは、標準グリルよりも大きく、角の部分が尖っているのに対して、CITUNINGの製品は、GTグリルと同じように丸まっているのが特徴で、白サーフェス仕上げのFRP製?グリルの裏に、メッシュが束ねられています。

しかし、書留・保険付きという郵便内容にしては、ちょっとお粗末な感じ…。
緩衝材一切無しです。やっぱり英国だからなんでしょうか。


おかげで、グリルに束ねられたメッシュのせいで、グリルの一部が書けています。


とりあえず、縁の部分なので、パテで埋めれば何とかなりそうですが、色々とやっかいそうな感じですね。

そのほかにも溝がある部分があったり、サフにムラがあったりと、難ありな感じですが、ナウシカに出てくるオー●の背中みたいなダミーグリルに比べれば遙かにカッコイイので良しとします。


塗装や取付は、部品だけ火曜にディーラーさんへ持っていって、塗装をお願いしてしまいたいと思います。

果たして、一体いくらになるんだろう…。

あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。

何かとご迷惑おかけするかと思いますが、本年もよろしくお願いします。

弟に誘われ、初めて初日の出を見に行ってきました。
hinode2006

雲が水平線を覆っていて、太陽を確認できたのは、日の出時刻から30分後くらいでした。(毎年こんな感じらしい。)

今年も良い年でありますように。

ついに

モーターショーで改めて惚れ込んで以来、色々と、くるまにあとーくで書いていましたが、本日めでたくシトロエンC2を契約ました。

色はブルーグランパヴォア、グレードは1.6VTRです。

ギアはセンソドライブという、自動変速機能付きの5MT。
ラリーカーやF1のごとく、パドルシフトでギアチェンジしていきます。
しかも、一般の車に積まれているパドルシフトとは違って、リミッターにあたっても自動シフトアップはしないなど、ドライバーの意思を尊重する本格派。
(このシステムに惹かれてC2にしたと言っても過言ではありません)

オプションとして、フロアマット(サキソニー調)と3ピースETC(サービス)を付けてもらいました。

本当ならばGTグリルも欲しかったのですが、あの値段の高さには手が出ませんでした。


ちなみに、納車日は、某先生の補講日。

C2を取るか、補講を取るか…。

私信:補講日実家に帰らせていただいても良いですか?


う~ん悩む。

NEW DESIGN PARADISE

みんなの卒論発表を聞き終わった後、まだ時間が余っていたので、銀座の日産ミュージアムで開かれているTHE PERMANENT COLLECTION OF NEW DESIGN PARADISEを見に行ってきました。

作品と一緒に、作者の制作意図も記載されていたのですが、こうした発想が出来る人がうらやましいです。

展示してあった中でのお気に入りは、救急車のサイレンとマヨネーズの蓋!

あれだけは思いつこうにも思いつきません。

でも、実際それが発売されたら……………出たら出たで面白いかも。

TMS2005

TMS2005へ行ってきました。
目的は、自分の自動車選びです。

どうしても、ディーラーまで行って実物に乗るのは気が引けるので、モーターショーは便利でいいですね。
特に、普段はディーラーへさえも行くことが難しいインポートカーの乗り比べが出来るところは◎です。

15時過ぎに会場入りして、興味のある車を見て回ってきました。

今回、乗り比べた車は、C2 VTS、スイフト スポーツ、インプレッサWRX sti、レガシィ2.0R、プントです。

とりあえず、C2からどんな感じだったか感想を…。

C2
C2

グレードがVTSという、日本にはまだ導入されていないモデル(来年日本導入予定のようです)だったのですが、とにかくシートのホールド性が最高です。
ふわふわ感のあるシートは本皮なので、実際のVTRのシートとは異なるのかも知れませんが、シート形状は変わらないはずなので期待できそうです。
そして、ステアリングについているパドルシフトの質感もなかなかなもので、トヨタブースにあったラクティスのパドルシフトがおもちゃのように感じられます。

残念なところは、欧州仕様であったために、シフトノブが05日本モデルと異なっていたところ。シフトゲートが刻まれていないシフトノブの感触を確かめたかったのに…。

スイフトスポーツ
デビューしたばかりのスイフトスポーツですが、バケットシートが体にひっかかり、初っ端の段階で微妙です。
シート自体は体に密着する感じだったので、良い(流石はレカロ)のですが、ちょっと座っただけで背中に汗が…。
夏場だと、通気性が悪くて運転疲れを起こしそうですね。

そして、FFのせいなのかもしれませんが、シフトフィールがすかすかで、ギアが入っているのかいないのか良くわかりませんでした。

インプレッサWRX sti
imp

自分がほしいWRXではないので、何とも言えませんが、流石です。
ちょっと、内装が寂しい気がするのは否めませんが、ステアリングやメーター、アルミペダル、ブルー内装などの質感がとても良く、運転席に座っただけでその気にさせてくれます。
でも、シートに座った感じは硬めで、おしりが痛くなりそうです…。

気になるシフトフィールは、各ギアにカチッカチッと入り、動かしていてとても気持ち良い!今日乗った中で一番の好感触です(当然ですね)

でもこの車、家の裏道に入らないから、停めるとしたら露天駐車なんですよね…。もったいないです。

そのまえに、stiは対象外か…。
いっそ、WRXを諦めて、将来的にstiを購入すべく貯金しようかと考えました。

レガシィ
シリーズの中間的位置づけにある2.0Rであったので、可もなければ不可もなくという感じです。
一度、鳩サブレさんの代車で、2.0i B-sportの助手席に乗ったことがあるのですが、ふつうのセダンとしか表現の仕様がありません。
これで、BOXERサウンドが響いていたら、間違いなく決定してしまうんでしょうが、静寂性を求めた仕様に生まれ変わっているみたいなので、マフラー取っ替えても、いい音は期待できないんでしょうね。

プント
punto

来年登場する車両が先駆けて展示してあったのですが、フロントマスクが、マセラティのようなイメージを受けました。エンブレムはがして、冠マークを取り付ければ、気分だけマセラティです(苦笑)

内装は、左ハンドルであったので、間隔がずれてしまい評価のしようがありませんでした。
右手でのシフト操作はなかなか面白いです。
スイフトのようなFFシフトのスカスカ感はありますが、一応ちゃんとギアが入ったときの感覚はつかめます。

シートは欧州車なだけあって、座りやすかったです。
プントはC2と違って、実用性のあるリアシートがあるのがにくいですね。

MTなので、価格もC2より若干安くなっているところもいいところです。

C2がマニュアルならば良かったのになぁ…。

でも、新型プントは車を買う頃にはまだ、日本導入にされていないですね。


実際走ったわけではないので、一概には言えませんが、C2がとても良かったです。
乗り比べた車のほとんどがスポーツ車両なので、ガチガチなのは当たり前な感がしなくはないのですが、C2の座りごごちの良さは飛び抜けていたように感じます。

納期は3ヶ月前後(シトロエンのお姉さん談)なので、もし、C2で決定ならば、12月には活動を始めたいです。
でも、すぐ車を決めてしまうともったいないような気がするので、中古の新古でいいがあれば…。

幕張まで出ていくのは面倒でしたが、とても貴重な体験をすることが出来て良かったです。


午前中実家から車を運転して東京まで帰ってきて、午後に幕張まで移動して3時間ちょいぐるぐる歩き回っていたため、妙な疲れが…。
普通電車で帰るのも何だったので、500円払って、ノンストップで帰って来ました(ぇ

一般道で初めて見ました。

昨日のゼミで色々指摘された点を補うために、今日は気象庁まで行って、アメダス観測点周辺地域の様子を調査してきました。

新宿から、丸ノ内線を乗り継いで大手町で降りたら、ふと目にとまる車が一台…。
pt1
一応お仕事の妨げにならないように、ナンバーは伏せておきます。

・車両搭載電話に見せかけた、TLアンテナ
・今となっては珍しいスチールホイール
・車内の真ん中に見える排水用ホース
・天井にある四角い切り込み
・そして何よりも、制服を着た体つきの良いオジサンが
 3人も乗車しています…。

高速道路でしか出会ったことがなかったのでちょっと感激w

しばらく観察していたら、その車は華麗に変身して、転回違反と信号無視で同時に2台も捕まえていました。
pt2
交差点のちょっと手前でハザード焚いている車がいたら要注意ですね。

で、その車が消えたと思ったのもつかの間、突然後ろでけたたましいサイレンが…。

なんと2台体制でいらっしゃったようです…。

今度は、交差点手前30m以内における車線変更違反。良い仕事しています。

油断大敵恐るべし。

再び万博行ってきました。

前回の教訓を生かし、今回はしっかり調べて、効率良く計画を立てて行ってきました。

交通費をかなり抑えたのですが、費用を抑えすぎてしまいバスが…。
・車体が15年以上前のバス
・内装が廃車(と思われるバス)からはずした寄せ集めで、2、3種類の座席…
・車内は静かにと言っている運転手がうるさい…
・窓を開けていないカビが生えた部屋独特の臭い…
・乗車人数が多すぎて、発車時刻30分オーバー
・後部から7秒くらいの間隔で「シギュオン…」と空気?が漏れる不思議な音…
・エアコンが途中で止まる(止められた)
・球切れの蛍光灯がいくつか…。
帰りはいい感じの観光バス(といっても現行モデルの初期型ですが)だったので、気分良く乗れたのですが、次に夜行バス関連を使うとしたら、多少高くても名の通った会社使いたいと思います。

今回の目当てはドイツ館なので、遠回りになる北ゲートからの入場を避けて、リニモ公園西口駅から西ゲートを目指して歩いていくと、7:50の段階で既に長蛇の列…。
その日は過去最高入場者28万人を記録した日で、入場規制まであったそうです。

ようやく10:10に入場して、ドイツ館へ向かうものの、人が多すぎて入館規制で並ぶこともできません…。

仕方なく、他の場所を見ようということで、企業パビリオンの予約をしに行こうとしたら、日立館480分(8時間)待ち。ガス館は整理券配布終了(次は15時)と、ゲート入る前に満員となってしまっていた模様…。

なので、前回まわれなかった、アジアや、アメリカの各館まわってきました。

モンゴル館の岩塩焼き肉おいしかったです。

中南米のサフランライスは………?な感じ。
看板に偽りありですよ。

こうして、混んでいないところ見ていると、その国の国民性などを垣間見ることができて面白いですね。

でもって、目的の2番目、マンモスを見に行こうとしたのですが、入場者が多いため、普段なら流れるように見ることができるマンモスラボも、整理券配布となってしまい、お昼の段階なのに取れた時間は17:40…。

もらえただけでもOKか。
本当は18:20の券だったんですが、家族と違う時間帯の整理券を渡されたお父さんから、交換して欲しいと言われ、交換しました。

万博で初めてもらった整理券かも…。


マンモスはいるまでの間に何度かドイツ館見てきたのですが、相変わらず入館規制中…。
人が減ってくると並ばせているみたいですが、いつ並ばせているのか判らないので、待つに待てない…。
待とうとすると警備員が、並ぶなというし…。

自販機15分待ち。
給水所15分待ち。あげく水切れで、制限するとかなんとか…。
身動きが取れない売店&レジ待ち10分。(前回は並ばずに買えたのに……夜になったらどうなるんでしょうねぇ)

もう何もかもが長い列です。もし次回こういうイベントやるとしたら、それらのことを考えた上で設計して欲しいですね。


そんなこんなで、マンモスの予約時間になって、マンモスを見たあと、半ば諦めモードでドイツ館へ行ってみたら、18時過ぎということもあり、入館規制が解かれて並ぶことができるように!

ここぞとばかりに並びましたよ。マンモスのチケット、早い時間に交換してもらって良かった~。

ただし、待ち時間は3時間30分とのアナウンス…。

相方から、3時間待ちでも実質2時間程度で入れるという情報を得ていたので、並ぶ事にしたのですが、何も情報無かったら帰りのバスの時間(21時発)を気にして並ぶに並べなかったでしょうね。

ドイツ館良かったです。並んだ甲斐がありました。
エアバスA-380のアルミフレームが展示してあったのですが、丁度先週のNHKスペシャルで特集されていたのを見たあとだったので、本物を見ることができて良かったです。
でも、あのフレーム、日本の会社が掘削機械製造していたような気が…。

帰りのバスは行きとは比べものにならないほど快適であったので、とてもよく眠れました。

また行きたい(ぇ)…。
けど、この人数の中にはもう行きたくないかもしれないですね。


気がかりなのはサツキとメイの家の予約をしていなかったので見ることができなかったというところ…。
愛知県に譲渡されるらしいので、移設された場合は是非行ってみたいですね。

恐るべし外来生物!

いつものように洗い物をしていたら,流し場の排水溝に変な緑色物体がにょきっと出ていました。

 一体何物?

というわけで流しのマットをめくってみて確認したら,何ともやしみたいな生物がモサモサ生えています…。

どうやら,先週の火曜日に切ったハネージュメロンの種が発芽して,排水溝に流れ着く廃液で元気に育っていたみたいです…。

なんというか…生命力のすごさに驚きました。
IMG_0258s.jpg

一部を取り出して写真撮影…。
光がなかったせいか,やたらと茎が長いです。

プロフィール

ミルミル

  • Author:ミルミル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。