09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yahoo!Wi-Fiを解約する。

2年間使っていた,Yahoo!Wi-Fiを解約しました。

月々の利用料金が2,966円(ユニバーサルサービス料,税込)で利用できて,毎月上限が7GB(ただし,1日あたりで300MBを超える通信を行うと速度制限がかかる時あり)という比較的安価なプランでした。

ただ,最近メインで使う携帯をスマホに変え,ポケットWi-Fiを使う機会が少なくなったため解約することにしました。

契約するときは,Web申し込みで3分もかからないうちに手続き完了したのですが,解約時は色々と段取りを踏む必要があります。

私が契約したのは,
Y!Fi (ワイファイ)2年間ずーっと得するプラン(4G)
というプラン。

契約期間は,2015年2月~2017年2月。
契約更新月は,2017年3月ですので,3月に解約をすれば契約解除料が発生せず,0円で解約することができます。

うっかり,2月に解約してしまうと,満了月(更新月では無い)での解約扱いとなり,9,600円が請求されてしまうので注意が必要です。

解約の方法については,電話で解約書類を取り寄せる必要があります。

まず,Yahoo!モバイルのカスタマーセンター(0120-736-020)に電話をします。
自動音声に従って,解約書類送付の申し込みを選択し,最後に解約金の案内を聞いて完了です。
途中,契約時の電話番号や生年月日の入力を求められました。

オペレーター対応は無く,最初から最後まで自動音声による案内だったので,待たされること無く手続きが完了しました。

解約書類送付の申し込みが終わったら書類が届くのを待ちます。

私の場合は,金曜日の夕方に電話をして,翌週の火曜日に書類が郵送されてきたので,中3日程度で届くようです。
IMG_20170215_222503_R.jpg
中身は,解約申し込み書,返信用封筒,記入法の説明,契約種別ごとの契約解除料一覧が入っていました。

書類については機械的に入れられているようで,申し込んでいるプラン以外の契約についても書かれたものが入っていたりと判りづらかったです。

書類の中央部に,

□月末日を課金終了日としたい場合のみ、左記□を選択ください。

と書かれています。
ここにチェックを入れると,この書類を送付した翌月1日付(私の場合は3月1日付)で解約することができます。

Yahoo!Wi-Fiの場合,翌月1日付け(更新月の1日目)で解約すると,更新月分の料金が発生しなくなります。

うっかりチェックを入れないで送付してしまった場合は,届いた日付で解約が成立してしまうため,更新月前だと,契約解除料が請求されてしまいます。
単純に「翌月1日付けで解約。(翌月分の利用料金はかかりません。)」と書いてあればわかりやすいのに…と思ってしまいます。

必要事項を記入したら,U-SIMカードを貼り付けて封筒に入れ郵送します。
IMG_20170215_222606_R.jpg
U-SIMカードを貼り付けるということは,端末の利用ができないようにさせるためだと思われますがどうなんでしょう?
貼り付けずに送ってしまうと,不備扱いになって解約が延ばされたり,U-SIM代を請求されるらしいです。
(他の方の記事を見ると,2,000円程度だったかと思います。)

確実に更新月1日目で解約をしたければ,残りの月分は端末を使わせない。という意図が見え隠れしているように思えてしまいます。

Yahoo!に限った話ではありませんが,申し込みはとても簡単で,解約は色々と面倒な手続きが必要というサービスが最近多いですね。
特に携帯スマホ系は,更新月やら満了月といった用語が多く,契約解除のための手続きも電話受付だったり,WEB経由だったりとじっくり考えて申し込まないと,高いお金を請求されてしまいそうになるので慎重になってしまいます。

果たして無事に解約できるのかどうか…。
スポンサーサイト

新型巡視船かとり(PM51)

10月に退役した巡視船かとり(PL125)の代替船として,新型巡視船かとり(PM51)が配備されたとの新聞記事を見て,見に行ってきました。

同型船がつくられる場合は,1番船がその型を名乗るようで,巡視船かとりの名前から「かとり型」という新たな形式がつくられました。

IMG_20161211_152844 (2)

船のクラスこそはPL→PMと1ランク小さいです。
従来のしれとこ型(77m)と比べても5m短いだけ(72m)なので,全体的な大きさはあまり変わらないとのこと。

個人的には,しれとこ型の特徴であった朝顔型で前上がりな船首や,切り立った高い船橋構造物が,一気に低重心化されてしまったので,全長こそ5mですが,こぢんまりしてしまった印象を受けてしまいます。
まぁ,30年以上前と現在の設計を比較すると,いろいろな意図が感じられます。

IMG_20161211_153115.jpg
船尾側は,ウォータージェットのノズルが2つ見られます。
現行PLは水深の浅い銚子港に入港するのが難しいそうで,比較的浅い港でも航行できるウォータージェット推進式が有効とのことでした。

そう遠くないうちに一般公開も行われるでしょうから,再び足を運んでみたいと思います。

巡視船かとり(PL125)退役 その後

先日退役した巡視船かとり(PL125)を10月31日(月)に見に行ってきました。
IMG_20161031_095911.jpg
21日にセレモニーを行い,曳航されていくようなのですが,既に35mmの単装機銃は取り外されていました。

右側面は,Sマーク,PL125の船番号も消されていました。

ただ,気になったのは,「かとり」の船名。

引退セレモニーの記事を見ると,かとりの「か」が消される場面の写真が掲載されているのですが,どういうわけか,はっきりと元に戻されていました。

船として存在している以上,船名を消したらいけないとかという決まりがあったんでしょうか…。
IMG_20161031_100412.jpg

ちなみに,反対側はSマークも船番号も健在。

単装機銃が無いと間延びしてしまう感じがしますが,圧倒的な存在感でした。

巡視船かとり(PL125)退役。

先日10月15日(土)に行われた巡視船かとりの一般公開に出かけてきました。
NCM_0843.jpg

NCM_0849.jpg

NCM_0820.jpg

しれとこ型巡視船として大量に建造されたうちの1隻ででしたが,配置換えをされること無く,ずっと銚子を拠点に活動していた巡視船です。長い間お疲れ様でした。

船内で聞いた話では,時期型は年内に導入されるようですが,船のサイズは一回り伊小さいPM型とのこと。

水深の浅い銚子港では,スクリュー式だと難があり,現行のPL型の導入は難しく,代わりの船はウォータージェット推進になるようです。

現行のPM型でウォータージェット推進の巡視船は存在しないので,新規格の船が誕生するのかもしれないですね。

年内の動向が楽しみです。

雨戸をシャッターにリフォーム(文化シヤッターヨコタテリフォーム)

我が家の掃き出し窓,2面分を電動シャッターにしました。
NCM_0691.jpg

NCM_0706.jpg

文化シヤッターの窓マスタータップを取り付けてもらったのですが,ヨコタテリフォームという,既存の戸袋を残したまま電動シャッターを取り付けることができるというユニークな工法で施工してもらいました。

文化シヤッターのサイトにも紹介されていますが,戸袋を残すので,撤去に伴う作業が発生せず,作業時間を大幅に短縮させることができます。
今回は,掃き出し窓の2面に施工してもらいましたが,作業日数はたったの1日。

NCM_0690.jpg
側面から見ても,後付けの窓枠から大きくはみ出ることなく,シャッターケースが収まっています。

NCM_0693.jpg
2つのシャッターの境目です。
丁度良い具合の隙間に収まっています。

NCM_0710.jpg
壁への取付は,やや力業感が否めません。
何とか目立たないようにしているのが伺えます。

しかも,戸袋を残すことができるため,レールの位置も調節することができ,位置が合えば,
NCM_0709.jpg
このように,従来の雨戸も出し入れすることができてしまいます。

シャッターレールは,このように雨戸の出入り口をよけて外側にオフセット。
NCM_0707.jpg

停電時や故障時には有効ですね。
また,戸袋にも機能を持たせることができ,ただの雨戸の残骸にならなくなりそうです。

ちなみに,施工費は,2面分全てコミコミで405,000円。

いくつかシャッター化リフォーム専門のネットショップにて相見積もりをしてみたのですが,地元の業者が一番安い価格提示で,そこに落ち着いた次第。

電動シャッター,思っていたよりもかなり良いですよ。

銚子電鉄デワ1001廃車?

少し前まで,電飾に飾られていた銚子電鉄の1001。
NCM_1916.jpg
車内がピンク色で色々と話題になりましたが,話題性は十分でした。

そんな1001が,今日運ばれていくのを目撃してしまいました。
NCM_2126.jpg
銚子大橋の交差点で目の前を通り過ぎ,カインズの入り口で追いつきました。
国道356号のバイパスへ。

旧道をまっすぐ進めば先回りできるので,かもめ大橋東のT字路で待っていたら,ゆっくりとやってきました。
NCM_2129.jpg

NCM_2130.jpg


NCM_2131.jpg

NCM_2132.jpg

(車に乗ったまま撮影したので,画質はあしからず…。)

車体は中央のドアの部分で半分に切断され,床下機器や台車は確認できませんでした。

トラックはそのまま香取方面に向かっていきましたが,いったいどこへ運ばれたのでしょう…。

真っ二つになっているところを見るに,スクラップになってしまったように思えますがどうなるのやら。


1000系は,私が小学生の時に走り出しました。
その頃は銀座線のお下がりだなんて知りもしませんでしたが,前照灯が2灯式だったり,独特の警笛がしたり,連結器がJRの電車と同じ(実際は他の車両と繋ぐために,アダプターを付けていたので妙に大きい)だったり,床貼りじゃなかったり等々,銚子電鉄にしては最新鋭過ぎる車体でした。

走り出して何年もしないうちに,山田邦子仕様の黄色い700系と正面衝突した事故現場を見に行ったこともあり,銚子電鉄沿線民としてかなりなじみのある車体でした。

そんな車両が銚子の地を離れる場面に遭遇できたのは何かの縁かもしれません。

1000系お疲れ様でした。

門柱の蝶番交換。

我が家の門扉を支えている蝶番,調整式なのですが,立て付けが悪くなり,調節ボルトをレンチにかけたら,ポロっと首がもげてしまい壊れてしまいました。

日焼けして見づらかったですが,東洋エクステリア(TOEX)のものと言うことは判っていたので調べると,現在はLIXIL(リクシル)に統合されて,ブランドが消滅…。

検索で「東洋エクステリア 蝶番」と検索をかけてもなかなか出てこず,諦めて1年放置していましたが,最近検索をかけたら同じような悩みをお持ちの方がブログに記事を投稿しており,類似品から販売サイトを見つけて発注することが出来ました。

届いたのがこちら。
NCM_1289.jpg

品名は,LIXIL TOEX 調整金具H KAZ08 オータムブラウン 1コ入 2,700円でした。
NCM_1293.jpg

右持ちでも左持ちでも中のアームを付け替えれば対応出来るので,同じものを4個発注すればOK。

製造年によって上側と下側では品番が違うようですが,我が家の門は古いタイプだったので,どちらも上側でした。

ものが届けばあとは簡単。付け替えるだけです。

右側
NCM_1290.jpg

左側
NCM_1291.jpg

古い部品なのであるかどうか不安でしたが,無事に取り付けることが出来ました。

--------------------------------

ちなみに,余談ですが,楽天で購入し発送は西濃運輸でした。
土曜日に発送完了の連絡を受けていたにも関わらず,待てど暮らせど届きません。
営業所にどうなっているのか問い合わせをしたら,

「土日祝は配送を行っておりません」

……………What's?

届いたのはシルバーウィークが終わった木曜日。

流通が進化した現在でも休日配送を行っていない会社ってあったんですね。

国道356号小見川-東庄バイパスの現在

記事自体を書くのがご無沙汰ですが,調子よくやっています。

タイトルに書いた小見川-東庄バイパスについて,久々に通ったら路面が舗装されていたので記事にしてみました。


小見川-東庄バイパスは,現時点では香取市の小見川大橋から東庄町の笹川までの4.7kmが平成21年に開通していますが,残りの4kmが未開通のままです。

笹川まで通れるようになった頃は,残りの区間は砂利道だったのですが,ふと今日見てみたらいつの間にかアスファルトで舗装されていました。
車を止めてよく見てみると,まだ1層しか敷いてないようでつなぎ目部分には段差があります。
NCM_0677_R.jpg
撮影場所は,笹川新橋付近です。

そして,新宿(にいじゅく)のところで舗装が終わっています。
NCM_0684_R.jpg

先の写真は撮ってないのですが,逆水門付近のコジュリン公園付近にトラックがたくさん荷台を跳ね上げていたので,水門側から舗装をしているのかもしれません。
かつてはガードレールすら無かったのですが,5年以上かけてようやくといった感じですね。

NCM_0685_R.jpg
いつも看板を見ているのですが,毎年3月の下旬に工事が終わるようなことがアナウンスされていますが。今年はどのくらいまで完成に近づくのでしょうか…。

でも,この道路が完成しても,ワイルドダック側の中州と大して変わらないような…。

浴室乾燥機兼換気扇をただの換気扇へ交換。(後編)

取り付ける換気扇が届いたので早速作業にかかります。

今回購入した換気扇は,三菱電機のVD-10Z9-INという,化粧パネルがついていないタイプ。
IMG_6596_R.jpg

大きな開口部を隠すために乾燥機のパネルを再利用するので,グリルレスタイプにしました。

後からでもグリルは購入できるので,こういった製品◎ですね。

換気扇から外に繋がるアルミダクトは新品に交換しました。

IMG_6589_R.jpg

そして,外側の排気口も,新品に交換。
IMG_6594_R.jpg

コーキングが滅茶苦茶ですが,家の裏なので適当です。

IMG_6619_R.jpg

天井に18cm角の野縁を組んで,換気扇をはめればひとまず完成です。

念のため,換気扇と塩ビ板との間にはブチルの両面テープを貼り防水処理をしています。

あとは電気配線をしてアースを繋げばおしまい。

写真を取り忘れてしまいましたが,換気扇のコントロールは,ミストサウナの換気扇配線から100Vを引きました。

これでようやくいやな湿気とおさらばできそうです。

浴室乾燥機兼換気扇をただの換気扇へ交換。

うちの浴室には浴室乾燥機がついているのですが,ここのところウンともスンとも言わず電源も入らなくなってしまいました。

ついている乾燥機の機種は,ヤマハリビンテック製の「AKH-2-G」という機種で製造年は1997年(16年もの)と保守期間終了はとうの昔に終了。

ダメ元で近くの内装屋経由で修理を依頼し,ヤマハの代理店に出張修理しに来て貰ったのですが,案の定部品在庫無しのため修理不可。


後継機を勧められましたが,受注生産品のようで金額は約18万円+工賃と驚きの価格。


換気扇さえ使えればいいので乾燥機能は諦め,ただの換気扇を取り付けることにしました。

とはいえ,この機種についている換気扇機能は10cmのファン。
同じ程度で探してみると対応する換気扇は三菱電機製でVD-10あたりが良い感じ。


でも,ここで問題が生じるのですが,乾燥機(AKH-2-G)の穴の大きさは42cm角。
IMG_6570_R.jpg


換気扇(VD-10)の穴は18cm角とサイズが合わないため,塞ぎきらない穴を埋めなければなりません。

ネット上を探ってみると,プレートで穴を埋めるのが良いみたいなのですが,プレートの材質がわからず…。

結局独自に考えて,割れにくく熱に強いPVC[ポリ塩化ビニル(塩ビ)]製のプレートを使うことにしました。

ホームセンターだとアクリル板(しかも透明)しか無かったので,通販で購入。

吉田ビニール株式会社というお店で買ったのですが,4mm厚の塩ビ板500×500mmで950円という安さ。

送料が1470円とちょいと高くついてしまったのものの,ホームセンターで探し当てて買うよりはるかに安いのでOKです。

届いてから乾燥機の取付穴に合わせて穴開けをし,新しく取り付ける換気扇の穴(180×180mm)を開けて,天井に取り付けますが,まずは既存の乾燥機を外す必要があります。

乾燥機を外すためには乾燥機用の専用ブレーカーを落とし,点検口から入って乾燥機に繋がっているリモコン線と100VのVVFケーブルを切り離します。

作業自体は造作ないのですが,電気工事士の免許を持っているわけではないので,点検に来たヤマハの人に絶縁処理だけして貰っておきました。

8箇所の木ねじを外すとすっぽりと外れます。

これがまた10kg以上と重い…。

IMG_6577_R.jpg

綺麗に外れました。

写真に写っているアルミダクトは腐食が激しく,屋外の排気口まで痛んでいたので,新しいダクトに交換する予定です。

古いダクトを撤去し,加工した塩ビ板を固定します。

IMG_6579_R.jpg

一応防水対策として,内側にブチル系の防水両面テープを一周,外枠にはシリコンシーラントを塗ってあります。

まだ換気扇が届いていないので,換気扇部分はくりぬいた板をそのまま貼り付け,作業中断です。

このまま換気扇を埋め込んでも良さそうなのですが,不格好なので以前の乾燥機が付けられるよう天井パネルを再利用してみました。
IMG_6586_R.jpg

ややパネルが浮き気味ですが良い感じで天井についています。

後半に続く(換気扇が届き次第更新予定??)

FJクルーザー発注してしまいました。

既に1ヶ月以上前の話なのですが,FJクルーザーを5月14日(土)に契約しましたっ。


標準グレード
17インチアルミ
寒冷地仕様(サイドステップ,フロントワイパーデアイザー,ヒーター付きドアミラー)
リアデフロック
アクティブトラクションコントロール
UVカットプライバシーガラス
リアワイパー
クルーズコントロール

サイドバイザー
サイドプロテクションモール
ルーフラック

と,付けたいものを色々付けました。

色はツートンブルー(2JV)。
どの色にしようかは相当迷いましたが,納得して決定した色なので,もう迷いません。


肝心の納期は未定とのことですが,契約時点での見積もりには8月登録前提で自動車税が計算されています。
ただこの記載月は,ディーラー側の理想納期とのこと。

ブログ更新さぼっているうちに,何だかんだで40日以上経ちましたが,色々と納期が早まってきているようなので,目標は盆前???
IMG_1936_R.jpg

お店で契約時にミニカー(手前)をもらったので,既に家にあるオートアートのミニカーと並べ,首を長くして待つことにします。

FJクルーザー検討中。

昨年の12月頃にブログアップして以降ずいぶん悩んでいましたが,FJクルーザーの購入を本格的に考え始めました。

一番悩んでいることが…。

どうせ乗るのなら,目立つ色がいいなぁということで,絞ったら残りました。

  

信号みたいな色ですが,方向性が極端すぎますね…。


悩んだら実物を見ると言うことで,お台場のメガウェブと池袋のアムラックスに行ってきました。

まずは順番通りで赤(ツートンブリックレッドメタリック)
IMG_1865_R.jpg

オーバーフェンダー&アンダーボディの黒,ボディの赤ときたら,コルトとカラーリング変わらない感じがしますね。

ただ,この色…。

メタリックという名前がついてはいますが,どうもメタリック成分が少ない…。

よく目をこらしてフェンダーの補助確認ミラー見ると,ちょっとキラっとしているかなって感じなので,表に出てどう見えるのか,とても気になるところです。



そして,次は青
IMG_0170_R.jpg

この色はUS FJクルーザーのテーマカラーというべき色ですね。
これも過去に所有していたシトロエンC2と同じ色なのでしっくり来ています。

しかも,C2は最終型で
こんな色
p1.jpg
になっていたので,丁度FJクルーザーにあってますね。


最後に黄
IMG_1880_R.jpg
この色良すぎます!
でも,小さな車ならかわいらしいで済むんですが,これまで大きくなると…?

ただ,青と黄どちらもメタリック無しのソリッドカラーなところが難点ですね。

黄色は数年もしないで退色するんじゃ…って思えてしまうので,すぐ乗り換えてしまうのなら良いですが,400万近い買い物ですから,考え物です。


となると,赤と青…。

メタリック成分がたくさん入っていれば赤だったんですが,ちょっと見に行ってみて期待はずれだったのは確か…。

原点回帰かな?

theme : 国産アメリカン
genre : 車・バイク

銚子電鉄 迎光運転 2011

先ほどの初日の出の帰りに銚子電鉄の線路にさしかかりましたが,銚子電鉄のフロントビューが…。
IMG_0559_R.jpg
2000系側です。

IMG_0560_R.jpg
5000系ルック側です。
(慌てて撮ったので,ぼけてます。)

これって,サイズこそ違いますが,真正面から見たら,ナローボディーの京王5000系です………よね?

臙脂帯の跳ね上げ具合とか見ても狙っているようにしかみえないのですが(^_^;)

しかも,迎光のヘッドマークも,京王線のモノに雰囲気が似ているような……。
(本家のヘッドマークは5角形だったかと思います。)
IMG_0559.jpg


実際にこのカラーリングで京王本線は走っていなかったはずですが,こうした塗装サービスはうれしいですね。

謹賀新年。

いよいよ2011年が始まりました。

今年は仕事を始めて5年が終わり,6年目に突入する節目の年。
今まで出来なかったことにどんどん挑戦していきたいと思います。

さて,私が住んでいるところは千葉県の最東端ですが,ここは日本で一番最初に初日の出が見られるところとして有名?らしいので早速アップを。
IMG_0553_R.jpg
犬吠埼灯台からのご来光です。

例年に比べると,水平線まわりの雲は少ない感じでしたが,水平線からのご来光は拝めず。

この写真だとどこから撮ったのか判らないので場所を変えます。
IMG_0555_R.jpg
犬吠埼灯台をバックに1枚

なんかちょうど重なっているので様になっていますね(^_^)



今年もよろしくお願いいたします。

新車の発注。

うちの父が新車を発注しました。

何を発注したかというと

コレです。
IMG_0509.jpg


グレードはすぐに決まったのですが,ディープブロンズ(TPM)かガーネットブラック(P)のどっちにするかで迷ったあげく,ガーネットブラックになりました。

この色,日陰では真っ黒にしか見えないのですが,日向で太陽の日を浴びると赤紫の色に!


納車は2011年1月末~2月頭。

自分の車ではありませんが,いまから納車が楽しみです(^_^)

FJクルーザーの試乗@アムラックス

写真で車種がわかった人は流石としか言いようがありませんが,FJクルーザーの試乗に行ってきました。
IMG_0310_R2.jpg
今月5日にお台場のメガウェブで展示車を見ただけでは飽きたらず,はるばる池袋まで…。

地元のトヨタからは,系列店の試乗車を案内されたのですが,営業マンが一緒に乗ってくると十分に雰囲気を感じ取れないので………。

IMG_0318_R2.jpg
プラドと並んでいると,小さい感じがしますが,どちらも大きいです(^_^;)


オススメコースと言うことで地図をもらったものの,気がついたらさまよっていました(ぇ

IMG_0309_R.jpg
このナビの案内音声,うちのエスティマと全く同じなんですが…。
富士通テンのOEMなんでしょうか?

右側に色々とボタンが付いているので,画面が狭そうに見えますが,トヨタ規格のワイドDINなので,実際の画面は普通の7Vと同じです。

IMG_0312_R.jpg
意外なところにサイドバイザーがついていました。(驚
池袋に到着するまでの間,丁度太陽の日が差してきてサイドにバイザーが欲しいと思っていただけにとても重宝しそうです(^_^;)

IMG_0313_R.jpg
4Fに赤と銀,1Fに黄の3台が展示してあったのですが,OPのサイドステップがないと昇降だけで疲れます(ぇ
写真のルーフラックかっこよすぎです。
ただ,風切り音すさまじいんだろうなぁ…。



試乗した感じですが,

排気音
4000cc V6なので,かなりいい音を鳴らすかと思いきや,始動時に勢いよくヴォンッと吠えた以外はとても静かでした。
コルトの音に慣れているせいなのかもしれませんが,普通の運転では意識しないとほとんど聞こえてきません。
思いっきり踏み込むと,エンジンのメカニカルな音とかすかに唸る排気音が良い具合です。


変速機
クロカンだからかもしれませんが,トルコン滑りが結構感じられました。
L4にすると,アクセル踏まなくてもサイドブレーキを無視して進もうとします(^_^;)


足まわり
なんか,ふわふわしている感じがしつつ,突き上げはガツンときます。
ビルシュタイン仕様やリアス仕様に乗っていないので何とも言えませんが,こんなものなのでしょうか?


視界
ダッシュボードが高い位置にあるためか,妙な圧迫感のようなものを感じました。
恐らくコルトに慣れている為かと思いますが,座った瞬間にすべての方向の確認をするのに手間取りました。
横幅がとても広いそして,フロントガラスまでが近いため,視野に入りきらない所為かも…。
(コンパクトカーとSUVを比較すること自体?ですが…)

ただ,視点の高さから来る安心感は中々です(^_^)



ちなみに,FJはコルトの代替として考えています。






が,






購入予定は立っていません(^_^;)
(フルコン投入の元をとるまでは!)

とはいえ,いざ買い換えとなったときに,ディーラーに車が置いてなくて見ることが出来ないなんて事は十分考えられるので,見られる&乗れる機会を十分活かそうということで(^_^)

Canon Power Shot S90のグリップについて

7月に買ったPowershotのS90にグリップを付けてみました。

グリップって何?という人もいるかも知れないので,とりあえず写真を
IMGP3350_R.jpg

書くよりも見た方が早いですね。

人によっては違和感を感じるかも知れませんが,始めから付いていたかのような純正感は中々だと思います(^_^)


ちなみに,モノの方は
IMGP3341_R.jpg

裏側
IMGP3342_R.jpg

こんな具合で両面テープ固定。

英文の説明書に脱脂するようにとあったので,パーツクリーナーで拭き取って貼り付けしました。

両面テープ固定だと頼りない感じがありますが,エアロパーツの固定にも使っているくらいなので,カメラのグリップ程度であれば必要十分でしょう。(それにメーカーも3Mですし…)



ちなみに,購入元はリチャードフラニエックというアメリカのお店です。
(↑個人経営なのか,それとも,会社なのかは今ひとつ良くわかりません。)

買い物かご方式ではなく,PayPalというカードを使った送金システムを使うのですが,

相手のアカウント名(メールアドレス)
送金額 37.45$(航空便代込)
受取人の住所,氏名
購入商品名 Custom Grip Canon S90


と入力して送金するだけで届きます。
IMGP3340_R_20101203215036.jpg

過去に海外通販を何度か行ったことがあるので,あんまり抵抗を感じませんでしたが,PayPalはかなり便利です。

37.45$=「高い」というイメージですが,円高の今だと3,206円。

沖縄のカメラ店が同じものを販売していますが,お値段 5,250円+送料となかなかな値段なので,一手間掛けて海の向こうから購入してみるのも良いのかなぁと。


初めて円高の恩恵を受けた買い物でした。

銚子電鉄イオンラッピング

銚子電鉄の2000系(旧伊予鉄800系)ですが,動きがあったので写真を撮りに行ってきました。
IMG_0525.jpg

タイトルの通りイオンラッピングです。

大手企業を良く見方に付けた物だと感心しきりですが,桃鉄電車に比べると気合いの入りようが中途半端な気もしますが…。


ラッピングされたと言うことはそろそろ営業運転開始????

プチフリーズ対策 Lavie light BL100/TA

最近プチフリーズが頻発しています。
症状的にはIEなどでリンク先に移動する際に10秒ちょっと固まるといった具合です。
初めからメモリ2GB仕様なので,最初の頃はあまり感じていませんでしたが,ここのところのひどさは…。


思い立ったら吉日と言うことで,調達してきました(ぇ

intel X25-M SATA SSD 80GB
(SSDSA2MH080G2R5)
IMG_0182_R.jpg

デスクトップには,先代のSSDSA2MH080G1を使用しているのですが,プチフリーズが極めて起こりにくい設計であり,感触が良かったため今回も投入です。


早速取り付けですが,BL100の場合,すでに16GBのSSDが入っていますが,これがなかなかの曲者。
身出しなあげく,専用ステー…。
IMG_0166_R.jpg
この段階で,ステーの流用はあきらめ即時撤去。

念のため,SSDとの高さを合わせてみると,ほぼピッタリ!
IMG_0168_R.jpg
2.5インチHDDモデルと共用のシャシなので,SSDも何の干渉も無く装着できました。

後は,ステーですが,工具箱の中に入っていた金属製の配線止めを使用することにしました。
IMG_0174_R.jpg
ピンバイスで穴を開け,適当に変形させてやれば完成です(^_^)

IMG_0178_R.jpg
配線止めに付いている両面テープがはがれないよう,しっかり脱脂してから接着します。

あとは,購入時に作成したバックアップディスクを用いて再セットアップ。
IMG_0180_R.jpg
Cドライブの容量を任意に設定できる(驚)
ので,容量いっぱいの80GBにしました。
他にも,買った状態のままや,他のドライブの作成もできる様で…。

途中DISC1,2を何度も入れ替えるよう要求されましたが,DISC1が起動ディスクでDISC2がバックアップディスクといった“感じ”になっているんでしょうか?

肝心の性能の方は

intel X25-M SATA SSD 80GB
READ MAX 250MB/s,WRITE MAX 70MB/s

SAMSUNG MMBRE16GSMPP-MVA
READ MAX 90MB/s,WRITE MAX 45MB/s

スペック見るだけでも申し分ありません。


大変簡単に行えますので,興味のある方は是非!
(メモリ変えている時点で保証失効していますが,当然自己責任で。)


ただ,一番の難点が…。

本体価格25,000円のノートに,24,800円のSSDを取り付けることの矛盾…(^_^;)。

ここまで来るとネットブックの域を超えてしまってますね…。

銚子電鉄2000系塗装

伊予鉄道から購入した800系が塗装されていました。
行き先表示こそありませんが,見た目は京王2000系ですね。


IMG_0058_R.jpg
板金も済み,ドア下の腐食箇所は綺麗になっていました。


そして後ろの方には…。
IMG_0045_R.jpg
塗装中の800系がいました。(こちらは京王5000系ルック)

部分部分の塗装をしているようです。
IMG_0046_R.jpg

IMG_0051_R.jpg

IMG_0053_R.jpg

といろいろなアングルで撮影しているうちに…。
IMG_0073_R.jpg
前の方から塗装が始まりました。

IMG_0077_R.jpg

IMG_0078_R.jpg

後部の塗装が始まったので,先頭の方へ…。
IMG_0086_R_20091212182943.jpg
中途半端ですが,5000系ルックの緑顔というのがどんなものか…気になります。

IMG_0085_R_20091212182942.jpg
そして,その先に,運転席と車内を分けるドアが外してありました。

運賃箱を付けるのに邪魔になるから?

早々と緑塗装が進んでいく様子には驚きでした。

営業運転は今年度中のようなので,試運転が見られるのもそう遠くはないでしょう。

東総広域農道?

今,銚子では急ピッチイオンショッピングセンターが建設されていますが,イオンの反対側でも急ピッチに進められている建設工事があります。
IMG_0043.jpg
既に看板が用意されているあたりからするに,そう遠くないうちに開通しそうな予感がします。

一見無駄な道路にも見える気がしますが,個人的にはイオンよりも興味津々(^_^;)
chizu.png

銚子有料道路から一直線に柴崎方面へ,そして,近い将来繋がるであろう東総広域農道への接続が行われれば万々歳。

東京まで2時間以内に行ける道路が欲しいところです。

windows7 x64とプリンタドライバ

最近,車,PC,電車といろいろな方面に書いていますが,あまり考えずに書いていたりするミルミルです。


早速本題ですが,自分PCを9月に作り直しました。

Core2 Quad 9550
mem 8GB
HDD IBM x25 SSD 80GB + segate HDD 1TB(2pt)
Geforce 9600GT/512MB fanレス
windows vista x64→7
index.png

というデラックスな構成ですが,向こう5年は動いて欲しいので,投資は惜しみません。
pen4が主流だった頃に比べると,飛躍的な高性能&低価格化がなされていることを改めて実感。

前置きが長くなりましたが,ここで本題です。
プリンタが認識されません。
理由はx64 OSに対応していないから…。
一昨年購入したレーザープリンタ canon LBP3300がCAPTに非対応だの何だのと言うことでドライバが供給されていません。
しかも,vistaでの対応はもうしないと…。

今時2年前のプリンタ使ってるの?なんて感じで見ている方々からは言われてしまいそうですが,これで十分なんです(^_^;)
x64に対応している新しいレーザー買えば済む話ですが,LANアダプタ,増設給紙トレイ,トナーと最近更新したばかりなのでオイホイと買い換えるわけにも行かず,インクジェットのMP980をメインに使っていたのですが,何の気無しにcanonのサイトを見てみるとありました!

printer.png
vistaを通り越して,いきなり7からの対応です。

OSを買った時にはすでにvistaが末期だったので,無償アップデートパックたるものを購入していましたが,7に助けられた感じです。(恐らく下位互換だろうからvistaも対応となることでしょう。)

ところで,2010年春って一体いつ?(暦の通りで行くと2~4月?)

待ち遠しいです。

房総仕様209系2000番台に乗りました。

自分がいつも使用しているJRの電車(成田線)は,113系がいまだメインだったのですが,このたびのダイヤ改正で,新型の209系2000番台(209-2000)が投入されました。(撮影は銚子駅3番線 6:26発の成田線です。)

209-2002の部分が新しく貼られていますね。
しかも,製造は平成5年…。
車両自体は京浜東北線として退役したものを改造したものです。
といっても,今回ばかりは気合いの入りようが違うようで………。

まずは外見
IMG_0512_R.jpg
スカートの形状が大型化しました。(踏切事故対策?)
今までは真っ黒でしたが,これがあるだけで,新造列車っぽくも見えます。

そして,東京側の2両目にトイレが追加されています。
IMG_0510_R.jpg
外から見ると,いかにも窓がありましたという感が…。
リベットではなくネジ止めでした。(メンテナンス用?)

次に内装です。営業運転中ですからそんなに写真を撮るわけにも行かず,最小限です。
まずはトイレ
IMG_0509_R.jpg
結構広い印象を持ちましたが,E217のと似ているような感じでしょうか?
ちなみに,扉は開けていません。

シート形状が見直され,クロスシートが導入されました。
IMG_0520_R.jpg
両先頭車両にクロスシートが入り,中間車はストレーシートとなっています。
どちらの座席も新しくシートが貼られとても新鮮です。
座面は硬く,長時間座っていると痛くなりそうな感じです。

ドアは京浜東北線のように開閉時に音が鳴ります。(開閉での高低変化は無し)
そして,LED表示も健在

ふと気になったのがこちら
IMG_0522_R.jpg
IMG_0521_R.jpg
おなじ先頭のドアですが,LEDの色が異なります。
自分の記憶が正しければなのですが,209,E231系のLED表示機は,片方のドアについている場合,反対側のドアには付いていなかった(費用を抑えるため?)ので,おそらく,10両編成を短縮させた際に余った余剰品を両サイドに付けていると思われます。

つり革です。
IMG_0523_R.jpg
グリップ部は再利用品でしたが,クロスシート部のバンドは新品(短)に変えてありました。

網棚の部分もクロスシートに合わせてカットしてあるようにも思えるのですが,ここの部分については,新品が使われたような跡がなかったため,元からこんな仕様だったのでしょうか?

IMG_0525_R.jpg
カップホルダーもずいぶんと補強が入ったものがついており,注意書きは最近の事情を考慮している感じが見られました。


編成については,
Tc - Mc - Mc - Tcといった感じで,4両編成がメインです。
IMG_0505_R_20091003181947.jpg
朝の混雑対策として,2連の8両も存在しており,209系同士の連結光景も見ることができました。
(貫通路がないので,通れません。)

最後にVVVFです。

113系の抵抗制御(54MT?)は故障こそ少ないみたいですが,メンテナンスが大変なようで…。

209系なので,E217と同じ,GTOがそのまま使われているのかと思いましたが,今回乗った個体(209-2002編成)はIGBTが積まれていました。(付け替えられたんでしょうか?)


こんな感じで自分が気づいた変更点を列挙してみましたが,探してみればもっと発見がありそうです。

京浜東北線を走っていたと言われなければ,ベース車がどれなのかわかりませんね。

209系初代の改造が終わったら,209-500番台が使われるようになるのでしょうか?

ワイドボディの房総カラーも見てみたいだけに今後が楽しみです。

theme : 鉄道写真
genre : 趣味・実用

Lavie light BL100/T メインメモリ2GB化

いきなりなんですが,SSD化したmuramasaが突然ご機嫌斜めになって不安定に…。

問題はSSDのようなので,交換してみようと思い立ち,ネットで調べているうちに,
このPCに出会いました。
SSDの新品は2万円。このノートは2万6千円…。
直すより,新しいの買った方がリスク少ないという判断のもと,注文してしまいました。

atom 1.6GHz
メモリ 1GB
16GB SSD

と,またもSSDモデルです(^_^;)
(↑懲りてません。)



そして,本日届いた次第です。
IMGP8364_R.jpg
広角レンズ使ったので大きく見えますが,10.1インチ液晶搭載モデル。


ただ買っただけなら,ここに書く意味ないじゃんということで,届いて早々バラバラですっ!IMGP8368_R.jpg

この時点で保障終了!

なんというか…ムラマサと比べるとかなりかんたんにばらせてしまいます。

ちなみに,SSDをアップで。
IMGP8374_R.jpg
SSD自体は身出しで付いていました。
専用ブラケット付きなので,そのまま2.5インチのS-ATA HDDを買ってきたり,大容量のSSDを組むのは難しそうですが,HDD使用のLavie lightに使われているブラケットを入手すれば行けそうです。

そして,次が今回の主役のメインメモリです。
IMGP8371_R.jpg
バッファロー製品情報に,他のLavie lightシリーズのメインメモリが2GBまで増やせるという情報があったので,このモデルもできるのではと思い,メモリも同時に調達しました。
DDR2 200pin(PC2 5300 S.O.DIMM )2GBです。
(2GBで2,580円…。  良い時代になったもので…。)

ちなみに,バッファローのサイトにBL100/Tの適合は1GBまでとなっていましたが,今夏(2009)モデルすべての最大容量が1GBだったので,おそらくまだ適合確認をしていないものと思われます。

んで早速純正の1GBを取り払い,入れ替えます。
IMGP8373_R.jpg
完了です!

背面パネルを元に戻して,電源を入れF2→BIOS画面でメモリ容量をチェック!
IMGP8376_R.jpg
無事に2GBメモリを認識しました!

前にYahoo!ニュースか何かで見たのですが,Atom搭載機種は高性能にしてはいけないとかなんとかとMicrosoftからお達しが来ているとか何とからしいので,1GB固定なのでは…と自分なりに解釈しています。
それに,2GBメモリを入れたとしても,3万円以内で買える価格!

おすすめです。

久々のコルトいじり


世間はシルバーウィークだなんて楽しそうな声が聞こえてきますが,相も変わらず仕事まっしぐら(引きずられているとも言う)なミルミルです。

さすがの仕事も,連休中は半日が基本なのでなので,コルトをいじることに(^_^;)

ちなみに,諸事情で9月からコルト通勤をやめ,電車通勤にチェンジしました。
おかげでガソリン代は40,000円/月→2,000円/月,走行距離も2,500km/月→100km/月へと超経済的になりました(^o^)

おかげで運転しないことによるストレスはたまりますが,基本的な体力は減らない(電車で寝ることができる)ので,トントンと言ったところです。

そして,このブログ以外にみんカラというSNSで活動していますが,こっちは“一般の方”向けなので,写真を見ただけでは何をしているのか理解するのは難しいと思いますが,とある部品を取り付けるためにバンパーとインナーフェンダーに加工しました。

加工内容は

①運転席側フロントバンパーについている蓋の除去(下)
②レインホース脇に取り付けられているダイナミックバランサーの除去(写真には写っていません)
③インナーフェンダーの切開(中央)と排気ダクト(上)の取り付け


の3本です。(not サザ○さん)

肝心のモノが届いていないので,③は切開するところまでで取り付けはしていませんが,タイヤハウスからのぞいたのがこちら。
IMG_0269_R.jpg

ダイナミックバランサー(12mm角3カ所)が無くなっただけでガラガラの空洞です。(HIDの配線が見えますがそこはご愛敬と言うことで。)バンパーにしてある蓋は,上のビス(2カ所),下はナット(10mm角3カ所)でとまっています。
車体中央よりのナットが外しにくく,スパナでちまちま外した事以外は,バンパーを外さなくともインナーフェンダーの大穴から手を入れて作業することができました。

前から見ると
IMG_0270_R.jpg

いつもなら蓋がしてあって見えませんが,左側にキャリパーとローターがこんにちわしているのが見えますね。

今回の目的はブレーキ冷却ではないのですが,一緒に施工できるので一石二鳥と言ったところです。

次回の更新はおそらく日曜日…(くらい)

今週はハンドナッターと注文したモノが届くので楽しみですっ!

プロフィール

ミルミル

  • Author:ミルミル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。